上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.03 Where's Spot?
Where's Spot? (Lift-the-flap Book) Where's Spot? (Lift-the-flap Book)
Eric Hill (2003/10/30)
Frederick Warne
この商品の詳細を見る


この絵本は、Where is Spot?の
簡単な繰り返しになっているので、
英語がぜ~んぜんだめというママでも大丈夫
とても読みやすいです。

Lift-the-flap Bookなので、
子供と「ここかな?」と
しかけをめくりながら楽しめます

このSpotシリーズは、たくさんあって、
どれもわかりやすいです
場面場面の単語や表現がお勉強できて、
子供が楽しいだけでなく、
ママのやり直し英語にも最適です。

これは、場所に関する前置詞
~on,underなど~をお勉強できますよ

スポンサーサイト
2006.06.15 This Little Piggy
This Little Piggy This Little Piggy
Jane Manning (1997/05)
Harpercollins Childrens Books
この商品の詳細を見る


元々言葉遊びの絵本が好きで、
一人で読んで楽しんでいましたが、
子供ができて、
英語の絵本を手にするようになり、
2人で楽しみことで世界が広がるようになりました

なんといっても、Mother Goose
英語に興味のない方でも知っている「きらきらぼし」、
「メリーさんのひつじ」もマザーグースですね。

ナンセンスな内容とライムが魅力ですが、
これが大人のやり直し英語にも最高です。
歌やリズムで英語の強弱アクセントを思い出し、
繰り返しが多いので
自然と英語のリズムが身について行きます。
しかも子供と楽しめるので素晴らしいです!

この絵本は、"This Little Piggy Went To Market"という
マザーグースを元に書かれている作品

この絵本の面白いところは、
足の指が歌に合わせてPiggyとなっていて、
指を動かすとPiggyたちが登場してくれます。

赤ちゃんのあやし歌で、遊び方は↓
5匹のPiggyを赤ちゃんの足の指にたとえて、
歌に合わせて親指からつまんでいきます。
最後の"all the way home" のところで、
足先から体のほうに向けて指を這わせて行くと、
どんな赤ちゃんでも喜んでくれます。

我が家のH氏は
Piggyの鳴き声"Wee wee wee"のところがお気に入りです

小さな赤ちゃんとも遊べるので、
マザーグースの入門編として親子で楽しんでくださいね。
2006.06.08 Bus
Bus (Wheelie Books) Bus (Wheelie Books)
Dorling Kindersley Publishing (1999/10/01)
Dk Pub (P) (a)
この商品の詳細を見る


H氏お気に入りのタイヤの付いた動く絵本
これで「バス」という言葉を覚えたようなものです。

内容は、いろいろなバスが写真で紹介されているだけです。
しかし、なんといってもタイヤが付いていて、
絵本を読んで眺めてから閉じると、動く車に大変身
我が家の場合は、お出かけのときなどに大活躍しています。

この動く車シリーズは、いくつか種類がありますが、
格好良さでいえばこの黄色いバスではないかなと個人的に思います。
でも、全部集めたくなってしまうほど、
大人の私にとっても魅力的です
2006.06.06 Peek-A-Moo!
Peek-A-Moo! Peek-A-Moo!
Marie Torres Cimarusti (1998/09)
Dutton Childrens Books
この商品の詳細を見る


英語版「いないいないばあ」です
子供たちは出てくる動物たち大喜びです
もちろん、H氏はめくりたがって、あまり読ませてくれません・・・

ママの英語楽習という意味では、
動物の名前と動物の泣き声が学べるのでおすすめです

このシリーズは何作か出ていて、
この作品は、barnyard・農場に住む動物たちが登場してきます。

Moo!
squeak!
baa!
どんな動物が登場してくるか、Guess who?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。